建築材質として、鉄骨、コンクリート、ALC(パワーボード)、木造のうち、音の反響に一番弱い材質はどれでしょう?

答えは「木造」です。

これは、材質として捉えた場合なので、環境によって音の反響は異なってきます。
同じ木造建築であっても、防音材が適したバランスによって使用されることによって、音のトラブルはあらゆる形で解消されるはずなのです。

例えば古くから日本では、木造の住宅が建てられています。
そして日本古来の建築様式の場合、音の問題については、別棟、渡り廊下、離れなどといった建築形式によって、音のトラブルから免れてきましたとも言われています。

現代の建築様式は、どうでしょう?
皆さんの厳しい目と耳が必要となってきます。
「防音賃貸」「防音物件」というキーワードに興味を傾けることで、生活空間がより良いものとなるような防音建築を見つけられることでしょう。

世界の建築様式として、レンガ作りの住居は、間仕切りを2重3重とつくり、さらに空洞を設けることで、特に低音に強い施工となっているものが多いです。